読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンメトリー

ぜんぜんたのしくないおはなしなので!
と前置きしときます。


ふぉーらむ以降かんがえていること。






みゅうとくんのぽじしょんについて。
ふぉーらむでの、あの子の置かれたぽじしょんは、ワタシの心をちょっと折りました笑。なんて言ったらいいのかなぁ、俗に言う、「扱いを下げられた」とは違うけれど、本当に、ひとりだった。安井くんとシンメが2曲あっただけで、あとは全部ひとりで、どのラインとかもなくて、ソロの出番ばっかりだった。MAGMAだって、はぎじゅりの後ろであの子はひとり衣装の違う実質1トップ状態。ほぼ全じゅにあが出ているであろうOPにもいなかった。うん、何なんだろうね、あまりにも居場所がなさすぎて、怖くなった。慎様を頂点とした今のちび無所界のピラミッドに、あの子の居場所がどこにもない。少し離れた場所に、ぽつんとひとりぼっちだよ。

「シンメがいない」ってこの世界じゃ、とっても怖いことだよね。だけど、今あの子のシンメに誰がなる?って言っても、思いつかないんだ。最高のシンメだった彼は、そこにはいなくて、じゃあ彼以外の誰がみゅうとの隣に並べるんだろう。なーんて、全ちび無所担にけんか売った発言だけど、ワタシは本気でそう思ってる。あの子の踊りは他を寄せ付けなさすぎる、いろんな意味で。今現在存在するどのラインに入れたって、きっとみゅうとは浮いてしまうよね。

これからどうなるんだろうなぁ。日々変化していく流動的な世界だから、何があってもおかしくない。先を読もうとすること自体ばかげているんだけど、ね。でもワタシは、みゅうとがダンスを磨けば磨くほど、孤立していく気がしてならない。早く巡り合えるといいなぁ、最高のシンメに。ごせきさんがかわいくんと出会えたように、ピッタリとはまるピースは、どこにあるんだろう。シンメがいないから下げられるなんてばかな話だけど、この世界はそういうものだよね。生き残っていくには、背中合わせの存在が、必要だと思う。ワタシはみゅうとが、最高の踊り手になる子だと信じているから、だから、踊り続ける環境を得て、成長していってほしいと切に願うのです。

あとね、最後のお手振り曲の、レッ生のドセンに立ってひとりぼっちだったみゅうとの、戸惑ったようなさみしい顔が忘れられない、とかいうばばぁの感傷的なあれもありますwwwホント戸惑ってたよあの子ww自分でも、自分の置かれてる場所がわかんないのかなぁと思った。まぁそれは無所である以上、みんな同じなんだけどね。どんな環境でもあの子が楽しそうに笑ってくれるならそれ以上言うことはないのだけれど、あんな顔を見せられたら、ばばぁちょっと、ねwwいろいろ思っちゃうよね。



うん、改めて、えーびーしーという居場所にめぐりあえたごせきさんは、とても恵まれていたんだなぁと思う。ま、スタート地点こそ運であれ、そのポジションをここまで継続させたのは、本人たちの努力以外の何でもないけどね。ずっとずっと、最前線張ってんだもんなぁ、かっこいいよ。ホント、尊敬できる男だな、元担^^




と、あいかわらず謎の着地点で話を無理矢理終えてみる。自分本気で乙すぎるwwwwwwていうか、こういう話題って難しいんだよね、見る人から見ればみゅうとはすっっっっごい恵まれた位置にいるんだろうしさ。それはエビシのときにも痛感した。ワタシの喜びが誰かの痛みになったり、その逆も然りで。いつもは、それが怖いから全力でバカやって逃げてるけどw、たまにこうして書きなぐって整理したくなるんだよねぇ。てことで、今回このエントリで色々と不快に思われた方もいらっしゃるかと思いますが、これもひとつの考え方と受け止めて頂ければ幸いです。




とりあえず寝よう!笑