読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拍手おへんじ&雑誌

Re Magazine

雑誌が〜いろいろと!ですね。


雑誌の感想ざっくりと、最後におへんじです!
コメントたくさんありがとうございます♪







あの、みゅうとくんってひとりしかいないじゃないですか、当たり前ですけど笑。
けど今月のみょーじょー先生とぽぽろさんとか、てれふぁんの1回目と2回目とか、なんか2人いる、みたいな感覚。それが本当にすごいなと思うんです。



そのすごいな、にも2種類あって。
ひとつめは、今の立ち位置を最大限に利用して世に姿を見せてくれること。ずっとずっと高すぎるハードルだった雑誌に、typeNとtypeTって呼んでるけど2つの帰属先だったり時にただのモリタミュウトだったり、いろんな角度から現れるみゅうとくん本当にかっこいいと思うのです。どっちのみゅうとくんも求められてる、どんなみゅうとくんだってきっと世が求めてる。どこのみゅうとくんかってことは本当にもう、何も重要じゃないなあって改めて思いました。
ふたつめは、見せる顔の振れ幅というか。まあ2誌見れば誰でも、はぁ…??ってなると思うんですけど笑。どんな形容詞で飾るのも違うようなそんな、違う顔を同時展開しちゃうみゅうとくんってなんか万華鏡みたいなだあって。ひとつページめくったら違う顔を見せる、ひとつくるっと回したら違う色になる。きらきら眩しくて綺麗なところも同じ。どこまでが素でどこからが打算とかは何でもいいです極論すべてが作り物でも全然構わない。みゅうとくんがやりたいアイドルを作り上げて見せてくれれば何でも。




やっぱり「多面性」みたいなのはこのひとの重要なキーワードのひとつだなって思いました。んー、もっと言いたいことあるんだけど、なんかうまくあらわせない笑。ニホンゴムズカシイネ。



とりあえず、みょーじょー先生はふわふわ綿飴みたいなみゅうとくんでとにかくかわいくてかわいくてかわいくてあと編集にみょーじょー先生のみゅうとくん愛を見ざるを得なくて笑、ぽぽろさんはこの路線もものにできるのはこの先強いなあってかんじで、てれふぁんさんはテキストがすきでした。あの短い中でいろんなことを教えてくれていて。みゅうとくんてしゃべるとあれですけど笑、ちゃんと思考を文字に置き換える時間を与えればやっぱり賢い人なんだなあって改めて感じられました(要するに鍛えるべきは瞬発力!)。自分の位置を俯瞰して見ること自分自身を把握してコントロールすることができてるのがわかるし、その上での自分の役割や課題まで、あの短い中に詰まってる。その上やまぴとすのさんのファンの方の心を掴んじゃうような言葉まで!(考えがきたない)。テキストで、すきだって思わせてくれるのは本当に嬉しいです。



対談は、ものすごいずばずばと言い合ってるのがほんとこのひとたちらしいな〜ってなんだか笑ってしまった笑。何を見てるか、っていう話が印象的かなあ。同じものを見てそうで見てない、交わりそうで交わらない視点と視線。あと、やってらんねえよって顔は今でも、裏ではしてんだなーっていうのも知れてよかったというか、そこは変わってないのにステージ上だとアイドルの顔を崩さないひとになったんだということが知れたのがよかったです。




何かあればこちらまで:拍手ボタン


ではおへんじです。コメントありがとうございました!









1/20 Rさま
二度目のコメントありがとうございます!とても嬉しいです♪
16日のことは、本当はもう少しひろきくんのことも見たりしていたのですが、無責任な言葉で語ってしまっていい状況ではないし…と思うと触れないという選択肢しか取れませんでした。何もお伝えできず申し訳ありません。それなのに温かい言葉をいただいてしまって…><本当にありがとうございます。
みゅうとは本当に一生懸命ひろきくんを盛り上げようとしてました、大丈夫大丈夫!って言うみたいな目をして。それが透けてしまうのが、あの人の良いところでありダメなところだとも思っているのですが笑。いつもひろみゅで向かい合ってる歌ってる想の「みんな誰でも一人じゃないから」は一人だとやっぱり寂しくて、ひろきくんが帰って来てくれて本当に嬉しいです。
これからもRさまのダイアリ更新楽しみにしています。コメント本当にありがとうございました!またいつでもお立ち寄りください。








1/23 Yさま
はじめまして、コメントありがとうございます。
ぜいさんのファンの方!に、目を通して頂けるなんて恐縮です…!ぜいさんは皆さんみゅうとのことを可愛がってくださっていて、誰と笑い合うみゅうともすごく好きです♪そうですね、見た目はすっかり大人ですが笑ったり話したりするとまだまだ子供の一面が多く見れて、なんだか逆コナンだな〜なんて思いながら見ています笑。ぜいさんのファンの方に楽しんで頂ける部分はごくわずかかと思いますが、またお時間あるときにでもお立ちより頂けると嬉しいです、ありがとうございました☆!