読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ少年倶楽部公開収録 20140317

止まってた時計をやっと動かします笑。
メモアカウントの方はなんとか稼働してたのですがおしごとがばたばたしていて2月のきろくがぱったりと止まってしまいました…いつかメモのまとめ程度でも残したいなとは思っています。

とりあえず、3月の少年のことを簡単に。





ジュニアの10曲メドレー。いつ出てくるんだろう…?ってずっと思ってて(出てこないとは思ってなかったです)。のんざわさんwithしんじゅりこちもろ、はぎやす、きょもほく、っておなじみの皆さんが続々出てきてちょっともうあとは歌うまクラブ(ジェシ半シャニのことです)がトリを飾って終わってしまうのでは……!?って一瞬不安になったところに飛び込んできたまさに「その発想はなかった」。みゅうとくんと、さなだくん。あの、お察しかと思いますが、ほとんど何も覚えていません!どや!だっていきなりみゅうとくんがステージに飛び込んできてさなだくんと2人でなんか歌い出して風とか浴びてたし最後まで2人で歌って颯爽とはけていくなんて落ち着いて見ろって方が無理な話でだな……風浴びてた……前髪全開でこれはいけめんじゃないことがバレるのでは…というくだらない感想は抱いた…。銀河一かっこいいとは思ってるけど顔が整っていると思ったことはないです。話がそれた。
声、ちゃんと聞こえたのだろうか。ずっとずーっと聞きたいなあって思ってる今のみゅうとくんの歌声。多分最初から最後まで2人で歌ってたから、ソロパートっていうのはなかった気がするんだけどそれも気がするだけ。でも2人ならきっと聞き取れるよね、みゅうとくんの声。早く見たいなあ。はけるとき、もっかい前髪くしゃってかきあげながらすっごい楽しそうに笑って駆け抜けてったのが印象的。






  • オリジナルスマイル(2回目OP)

今度はその発想はなかったというか、なんていうか、リアクションに困った…未だに困ってるけど…。下手の一番端にみゅうとくんがいて、隣にカウアンさんがいて、逆サイドにしゃるふと孝がいた。えーと、なんていうか欲レ再来っていうか…笑。あのときは孝しゃるふとうぇっさんでしたね笑。とかなんかどうでもいいことしか書けないくらいリアクションに困っている。とりあえず、欲レの時も言ってたけどみゅうとくんがインターナショナルラインに紛れてるのではなく、みゅうとくんは日本代表として参加しているのです!!!!っていうことにしておく。
最初ちょっと歌ってみんなで上手にはけてまた途中から出てきたんだっけな。はけるときに上手袖が混み合ってて、はよー!ってガヤしてるみゅうとくん可愛かったな〜元気だった笑。後半出てきた時も下手。カウアンさんと肩組んだり、シャニさんにほっぺむにむにされたりしてて、楽しそうだった。そうなんですよ、みゅうとくんは、とっても楽しそうに笑っていたので、もうなんでもいいかな…という気になってきたような気もした。
曲終わったあとセクゾさんたちの紹介やテーマ発表のときいちいち騒いでガヤってて可愛かったし、がんばってるなーって思いました。







  • High five

2回やったから2週とも見れるやったー!ゆうまくんありがとうございます。
みゅうとくんかっこよかったというかひたすら綺麗だなって思って見てました。前後左右上下、細かい動きの連続だったけど、一本芯が通ってるみたいに微塵もぶれなくて、なんか爽快感。良いものみたなー!みたいな、数分間のショーを見せてもらった気分。サビ前にジャンプするとことか、ゆうまくんの影みたいになって踊るとことか、好きだった。
年末に水の〜を見た時は、今もまだこうやってスイッチ切り替えたら1/7になれるんだなーって思ったんですけど、ハイファイブのみゅうとくんは1/1だった。みゅうとくんだけで世界が成り立っていた。曲によってかえてるのかもしれないし、みゅうとくんの意図みたいなのはわからないけど、言うなればスイッチ切り替えずにアイドルのモリタミュウトくんのまま踊ってるかんじ。年末は、水の〜がパフォーマーのみゅうと、ディアウーマンがアイドルのみゅうと、って印象だったけど。
でもやっぱり、どんな人事異動があろうともちゃんとここにも立てるのは、純粋にかっこいいなと思います。スキル的にみゅうとじゃなきゃダメ、なことなんて正直ほとんどないと思うけど、それでも複数の場所がみゅうとを必要としてる。かっこいい。







  • Brother

全体像さっぱりわかってないけどみゅうとは多分さっきのオリスマの括りで、他にというか真ん中にジェシさな半シャニがいたのかな。オリスマにもジェシさんたちもいて、メドレーもカウアン孝しゃる、さなみゅ、ジェシ半シャニの分け方だったから、今回このブラザー組は他と一切交わってないんですよね。みゅうとはJR.AとEDのなにわ括り、しゃるも無所としての出番があったけどそれはまた別枠だし。はあ、ほらやっぱりリアクションに困る…笑。
何が困るって、さなみゅもそうだったけど、誰とどう組んでもそこに何も生まれなさそうなこの感じが。慣れ、と、個人的感情の問題なのかもしれないけど。半澤くんとペアになるとことか、あったんですけど、あぁ半澤くんとみゅうとだね、で終わった…笑。んーやっぱり落ち着いては見れてないからOAで確認したいな。曲もどんなんだったか全然覚えてないし笑。
曲中に衣装のひらひらがヘドセに絡まっちゃって、ほどこうとしたけどできなくて最後までそのままだった。曲終わってから前にいた半澤くんのことトントンして「見て−」ってヘドセ指さして、鼻で笑われて笑、今度はジェシさんをトントンしてまた「見て−」ってしたらジェシさんは「あら絡まっちゃって〜」って言いながらほどこうとしてくれた。でもはけながらみゅうとくんを引きずってほどこうとするからみゅうとくんはジタバタしてて抵抗してた笑。みゅうとの笑い声が響いてた笑。






  • レインボードリーム

EDバージョン。バラード調から始まる方。途中からバック出てきて、なにわ通りの下手からもろやすはぎみゅ。衣装はアルミ。
なんか、過去だなあって思ってしまった笑。最後の最後に1ヶ月時計を巻き戻したようなこの4人の並びを見ると、余計に今日見てきたリアクションに困る一連がリアルタイムで、これはもう過去なのかな…という実感が笑。まあたった2時間、たった1回じゃ何も判断できないのはわかってるので〜すが〜笑。






何かあればこちらまで:拍手ボタン
(なにわ期間中の拍手ありがとうございました!後日必ずおへんじします遅くなってしまい申し訳ありません…)





これが4月からの新体制とか大げさに思ってるわけじゃないけど、とりあえずみゅうとが、はぎやすもろみゅ、から完全に離れたのはいわふか含むなぞせんばつさんができて以来今回が初めてでした(RDはなにわありきの出番なので省くとして)。なんだかんだで、安心、している部分があったなあと気づかされた。そこにいられることで今の位置確認もしやすいというか、言ってしまうと団体戦ができてたから。最終的には個人戦なのはわかってるし本人のことも勝手に超個人主義だと思ってるけど、でもやっぱり暫定的でも場所があるのとないのは違うな、って。何がって主にこちらの安心度が…笑。いつもそうなんですよね、勝手に感情を動かしてるのはわたしで、みゅうとくんはいつだって笑ってるのにな〜ってこういう反省をするのももう何年目だろうか…成長が見られない…笑。
その度にこれで締めるのもほんと変わらないけど、どこにいてもみゅうとはみゅうと、わたしの絶対の一等星であること、それだけは見失わないようにしたいです。




はーなんだってそうだけど失われてしまったのかもって思うと改めて気づく、はぎやすもろみゅがっていうよりわたしは、みゅうたろうがすきというか、みゅうたろうを特別に思っていたのだなーということに。暫定的にやすいくんと並んだときにしか、見せない鋭さみたいなものが、なんとなくあると思っている。まだ追いついてないのに追い越してないのに、離れちゃうのかなー。