読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ銀座2016 Love-tune 0506

Love-tuneのはじまりの日。






  • overture

あれはどこのやつなんだろ?今からかつんコン始まりそうなわりと壮大なやつだった笑。幕が閉まった状態でoverture流れてひとりずつコメント。さなはぎみゅやすの順かな。みゅうとくんは「もりたみゅーとでーす!今日はやなこと忘れてみんなで盛り上がっていきまっしょー!!」。みゅーとでーす!がかわいい。最後にやっすーが「ジャニーズ銀座、準備はいいかー!?俺たちがー!」4人「Love-tune!!!!!」。最高か。

1曲目バンドスタイルでワイハー!ハッピーな幕開け!ドリボで作ってもらったみゅーさんデザインの白衣装着ててぐっときた。幕が開いてわたしが一番に思ったことはみゅーさん今日もメイク濃い!!!だったことは置いておこうね。書いたけどね。トラジャクリエのときからアイラインもファンデもめっ濃いよね笑。
1曲目からひたすら「Love-tune!」って言わされた。何回でも言ってやる!何回でも呼んでやるよーーーー!

  • ラブホリデー

曲に乗せてメンバー紹介!こういうの憧れだった~ユニットっぽいよね。もうここらへんみゅうとくんずーっとことあるごとにキャハハ!!って笑い声響かせててちょう可愛いの。らぶは人数少ないのもあるのかみゅうとくん煽りとか声だしほんっっとに頑張ってて、いっぱい声聞いた。
メンバー紹介もさなはぎみゅやすの順。さなぴは焼肉食べると胃もたれしちゃうってとこしか覚えてない笑、はぎちゃんのときはやっすーがデレデレで「かわいい!もうほんとにかわいい!」って誉めまくってたことしか覚えてない笑、みゅうとくんは「踊ればスタイル抜群、ベース弾いてもスタイル抜群、口癖は「俺が時代の最先端!」、ジャニーズが生んだ天才ポンコツ、目指せカリスマ!もりたみゅーと!」。みゅーと!\みゅーと!/みゅーと!\みゅーと!/コールも超楽しかった!最後に「だいすきー!!!」って叫んではにかむみゅうとくん可愛いつらい。やっすーのときはさなぴが言ってた、見た目はコドモ!頭脳は大人!。
そんでメンバー紹介のたびに「ラブトゥントゥン!ラブトゥントゥン!」っていう高度なC&Rを迫られる我々。やっすーが「いきなりびっくりした?でも次はできるよね?」って相変わらずスパルタだった。「みんなすごい!今のラブトゥントゥンよかったよー!」飴もくれるやっすー。「俺たちLove-tuneって言われるのすげーうれしいから!」とにかくうれしいだけだったやっすー。言わせたいだけのやっすー。可愛いやっすー。の隣で、がんばってついていく俺たちを嬉しそうに眺めるみゅうとくん。客席を見るみゅうとくんの目はほんとうにあったかくて優しい。

  • 愛を叫べ

このらーぶらぶらぶらぶらぶとぅーんを♪しーんあいあいあいなるひとーに♪愛を叫べではなくLoveを叫べサイコーでは…。はーーーもう可愛い。可愛い可愛い。これからこの曲聴いたらこれで歌っちゃうなあもう。このあとのMCでみゅうさんが「かえうたの件については、あした(広島で)嵐さんにあやまっておきます」って言ってた笑。

  • ミニMC

楽器組が楽器置いてる間妙な間があいて、「こういう間があるんだバンドは!素敵だろうこれも!」って言ってたやっすーめっかわだったな~。謎クリエのときはやすいくんかっこいい!が頻出だったのに今日はやっすーかわいいなーばっかり言っちゃう。Love-tuneとしての初めてのステージです!!!!って本当に嬉しそうだったよ。さなぴのさなじーコールの締め方がわかんなくてグダったとき「じゃあこのクリエ中に見つけよ!それのうまい締め方探そう!」って提案したはぎちゃんがほんとはぎちゃんだった~思考回路が整然としているよねはぎちゃんは。
みんなすげー喋れちゃうからここ長くなっちゃってあとにちょっと響いた笑。じゃあ次いこう、次は2人ずつ曲やりまーす!最初は~~~~俺たちでーす!って挙手するはぎやす。おたくキャーーーーーーー!!!!!その歓声にすねるさなみゅww「俺たちだってやってんですけどお?」「男くさくて何が悪いんですかーーーー!?」別に誰も責めてないよwwwwはー、かわいいな。らぶとぅーんかわいいなあ。あとこの発言によりみゅうさんの中で「はぎやす」は男くさいの真逆に位置する存在って認識なんだなということがわかった笑。そういうところがはぎやすの魅力としておたくが沸いてると思ってるんだな、って笑。興味深かったです。

  • 感じるままに輝いて(はぎやす)

「この曲俺たちっぽくない?ってはぎちゃんが持ってきたんだ」の前ふりから始まった曲の歌いだしが「何回も何回も転んで 何回も何回も立ってきた」なの、もう何なのかと思う。はぎやすってすごいなあ。周りのはぎやす担みんな目に涙ためてた。

  • BOMB(さなみゅ)

余裕かました足取りでオラついて出てくるさなみゅめっ!かっ!!間奏ひったすら踊る!歌ってる時間の方が短いんじゃ?ってくらいがっしがしに踊るさなみゅ。上下交代するたびに力強くハイタッチするのがたまんなかったなあ。あー確かに男くさかったかもしれない笑。はぎやすとのコントラスト含めて最高だった~。

  • Fire Beat

やっぱりこのアレンジめっ!かっ!これってキスマイがやってるリミックスとかなのかな?それともらぶのオリジナル?早く少年で見たいなー!来週OAですよね。みゅうたろうの「相棒!」は何度見てももぐもぐする…最高のみゅうたろう案件。ってこのときは思ってたけどこのあとみゅうたろう厨の墓が立つ事態が待っていたね。バンドになってからのスラップ?ってやつかっこよかったしそれしながらヘドバンしてるのもかっこよかった~~~~!はぎちゃんの方向かって3人がヘドバンするの何かの儀式感あってよい。

  • FO

わかってるなあ。ガムパ8.9で一番狂ってたのは確実のこの曲で。きっとそれをわかってた、覚えてたんだね。けどラップ部分がなかったから超絶かっこいいみゅうとくんの「Ready?」もなかったのは悲しみ案件。あれ本当に好きだったー!

  • セッション

やっすーいない間にセッションしちゃおうぜー!ってはじめるけどやっすー出てきちゃって、やっすーが振り返ったらみんな演奏やめてシラ切るっていうちょっとしたコント。シラ切ってるときのみゅうさんめっちゃ腹立つ顔してる笑。俺の言うこときけー!って怒るやっすーに「安井くんの言いなりになんてならない!」って返したみゅうとくんセンスよすぎでは?

  • レスキューレスキュー

今回知らない曲ほとんどなかったけど(そもそもやったことないものが少ない)これは知らないやつだった。エイトさんなんですね。ちょっとハイスタとかそっちっぽい曲。歌詞見たらなんかすてきなかんじだった。最高で最強のメロディー!みゅうとくんはラップ部分を歌ってたよ。わちゃわちゃしながら歌っててめっちゃ可愛かった~犬がきゃんきゃんほえてるみたいに跳ねながら楽しげに歌っていた。可愛い。そしてこの曲もとにかくずっとずっと煽りを入れてた。みゅうとくんのうぉい!うぉい!をずっとずっと聞いてた。煽り係本当によくがんばりました!

  • kiss魂

みゅうとくんのソロパートのとこ少年ではハイキックしてたけど、この日は「震える唇(人差し指を唇にあてる)濡らすのさ」でかっこよかったー。すんごい余裕の表情でうっすら笑っててめっちゃかっこよかった。

  • Butterfly I loved(はぎちゃん)

一瞬で2008年にワープしかけて思いとどまった笑。今は2016年でここはらぶクリエです。途中からさなみゅバック。おうおう、8年ぶりかよ!?みたいなね。時間の魔法はいつでもエモいですね。みゅうとくん綺麗だった~ちょっと目線を落として憂いのある表情で踊るのたまらんですな…。

  • One Love(やっすー)

はぎちゃんが薔薇1輪投げて暗転したら、12列のお立ち台に薔薇の花束持ったやっすーがいるって流れ。

  • SHAKE

マイクスタンドもって出てくるみゅーさん。ソロ後で遅れてやっすー出てくると、やっすーのマイクスタンドだけやたら低い笑。低くね!?ってなるやっすーを見てきゃっきゃ笑うみゅーさんに蹴りいれるやっすー!いいみゅうたろう。さなやすみゅ3人でひとつのマイクスタンドに顔寄せて「oh~~~!」歌ってるのめっかわだった~。あと立ち位置入れ替わってやっすーですら低いマイクスタンドの前に立ったみゅーさんさあ何をする!って思ったら思いっきり身を屈めてきむたく先輩のモノマネしだしたわろた…はっきり言うけど、わりと似てた。クオリティー高めだった笑。みゅーさん何気にモノマネレパートリー多いよね。楽屋で練習してるっていろんな人にタレコまれてるよね。でも披露したあといつも恥ずかしそう笑。もっと自信持ってモノマネ対決みたいなの出られるようにアピールしてこーぜっ。

  • ぶつかっちゃうよ

セクセカ厨のターンがきたぞーーーーーー!!!!!るんるんるるるるんるるるるんるんーーー!みゅうとくんの「すきだっばかっ!」聞けたああああ。けど通路出ちゃったからあんまり踊ってない笑。みゅうとくんは相変わらずめいっぱいできる限りの人に応えようとぎりぎりまで客席にいたよ。すーぱーあいどる。そんでステージに戻ってくるの遅れちゃってはぎちゃんに「おせーよ!」って指差して怒られてた笑。

  • MC

・忙しいうちが華なんで
はぎ「今日1日で次あいだ空くからさ、今日全部出し切れるよね!!!」
お、おう!って表情のみゅさんを察するやっすー笑。
やす「森田さん、5連勤中でございます!」
みゅ「いやいやいやいや」
はぎ「しかもあれでしょ、明日は」
みゅ「明日は、嵐コンで広島」
やす「7連勤になるのか。やばくない?超いそがしいよね」
みゅ「いやっ!いそがしいうちが華なんで!」
やす「謙遜すんなよお~~~~~」
あんまりみゅうさんの忙しさ自慢みたいなのをおたくがするの好きじゃないんだけど、まあ実際お仕事つまってる。いっぱいある。どう考えても、大変。そんな中で、ステージ上ではいつでも笑って楽しげにして、なんでもないよって顔してこう言っちゃえるみゅうとくんは、やっぱりかっこいい。忙しいうちが華なんで。そのとおりです。複数の場所から求められるみゅうとくん。応え続けるみゅうとくん。かっこいいよねえ。


・クリアファイル何に使うの?
みゅ「みんなクリアファイル何に使うのかな?」
やす「学校とか会社で使うんだよ!」
さな「あれだよ、使って周りの人にえっ何その子たちかっこいいー教えてー!ってなって広まってくんだよ」
さすがらぶさん鋭いし現実的(笑)。とらじゃでも同じ話になったけどそのときは会社で使うの恥ずかしくない?って話題で終わったの。けどらぶさんはそれを使ったことによる効果まで考えてるのさすがだった笑。


・やっすーのほっぺ腫れてた話におけるみゅうvsたろう
みゅ「だめだよ(図書館の)収録中にご飯たべたら」
やす「うるせーよ!食べてないわ!(怒)」
みゅ「しょうねんくらぶの収録の時もさ、マイクで隠してんの」
やす「俺普通の顔してんのにさ、みゅーとがさ目合うたびにうきゃきゃきゃ!って笑ってくんの!まじ失礼!(怒)」
みゅ「なんかそういうすたんぷみたいだったよ、ちょうかわいかった」
やす「うるせー!(怒)」
みゅ「俺あの日前髪切りすぎてオンザになってて、だから前髪あげてたの。楽屋はその話で持ちきりになるはずだったのに、全部もってかれた。左ほほに(怒)」


・はぎちゃんの例の発言について
みゅうさんが書かない!って言ったから一応書かない笑。インターネットに聞いてください笑。はぎちゃんがそれ言っちゃったときの「…ん?」って上3人の顔忘れられない笑。客席がざわざわしだしたら
さな「…ちょっとざわざわすんのやめてもらっていいですか?」
やす「うちの萩谷は素直なんです!」
みゅ「いったん消去!いったん消去して!」
さな「メモとかやめて!」
やす「ね、ほらみゅうとは夏も2つ出るよねっ!」
みゅ「そう!おれ2つでます!それ書いてください!それ書いて!」
あせる3人の横で、何がいけなかったのかな?って顔してぽやーっと立ってるはぎちゃん無敵すぎでは。はーほんとこのくだり最高におもしろかった~はぎちゃんあとで3人に叱られたかな笑。


・あっちとこっちの話
みゅ「あっち(とらじゃ)ではほんとがっしがしに踊ってるから」
やす「ん?こっちでは踊ってないんですか?」
みゅ「ちがう!こっちでも踊ってるけど!!!」
やすいくんスパデリゾーンにさくっと切り込んでくれるよね~~好きです。そもそもあっちとこっち、パラレルワールドに触れてくれるのは現状こっちだけだ。らぶでは当たり前のようにとらじゃのみゅーとの話も出る。けど逆はほとんどない。とらじゃでいるときらぶの話は、みゅうとも周りもしない。そこがわたしは少し息苦しい。そうさせてしまってるのは、とらじゃしか認めたがらないおたくの存在なのかもなあと思うから。


・次のショーを考えている!
みゅ「この人はもう次の構成考えてますからね」
やす「考えてますよもう」
みゅ「コウイチじゃんコウイチ!『俺はもう次のショーを考えている(キリッ』」
さな「けどやらくんみたいな人いないからね俺たち」
みゅ「『もうお前にはついていけない!』ってなんないからね。素直だからね」
みゅうさんがSHOCKごっこ大好きでかわいかったし、やっすーの中ではクリエが単発じゃないことがわかった一幕。次、がちゃんとある。つながっている。


・なんか呼ばれるまよぷり
やす「みんな真夜中のプリンス見てくれてるー?なんかねえ、俺らもよくわかってないんだけど、なんか、よく呼ばれるんだよね~~~☆(ちょっと悪い顔してた笑)」
みゅ「忙しいうちがはなですから!(気に入ってるw)」
はぎ「芸人さんと出るのすっごい勉強になるよね」
やす「最初みんなガッチガチ!w俺初めて出たときみゅーととさ、とりあえずいこう、失敗してもいいからとりあえずいくぞって話してからいったもん!」
はーやっぱりみゅうたろうは事前に打ち合わせして挑んでたな~~~~!最高だー!そんでまよぷりの流れから、といえばアンサークリエverのコーナーへ。


・お題は「ドリボの名シーンといえば?」
ここでドリボもってくることにちょっとぐっときたり。ドリボが始まりみたいなものだからね。
カンニングみゅーさん降臨してた笑。謎クリエのときもいわもとくんのをカンニングして怒られまくってたよな~(主にやっすーに。いわもとくんは怒らない。みゅうとに甘いから)とか思ってたらやっすーが「みゅーと遅くない!?最初のクリエのときもあったよね、みゅーとだけ遅いやつ!(怒)」って、みゅーさんに厳しいやっすーも降臨してた笑。あれからもうずいぶん経ったけど、またこうして一緒にクリエに出られている世界に感謝しよう。やす「みゅうと待ちなんですけど~~」さな「みゅうと待ちですけど~~」。かわいい。まって!あとちょっと!もうすぐできちゃうな~~~!って言いながら達筆を走らせるみゅうさん。
さなぴの回答「鉛の板の安井くんのあとに出てくる江田くん」(のあとに出てくる江田くんがめっちゃ小さい)
何!?マニアックすぎる!となり再現することに。みゅ「俺玉森くんやればいい?」さな「いや、みゅうとは俺(さなだ)やって!」みゅ「えっ!?俺?俺をやるの!?ww」これめちゃくちゃおもしろかった笑。さなぴ自由すぎる~。
みゅうとの回答「俺が全部引き受けてやろうじゃねえか!」(やたら達筆)
やっすーの「やってみたいよねー」っていう確信犯なパスからみゅうとくんが再現することに。はい捕まるーガチャッ(手錠)ここでBGM~ってみんなでぐだぐだ再現して、みゅうとくん前にでてきて「おれがぜんぶ、うけとめてっ、やろうじゃねえか!!」。やす「…はい、これで次のドリボも玉森くんのままでーす」さな「こんな座長は嫌だわ」。散々な言われようがかわいい笑。
はぎやすはビューティフルデイズ後のアドリブの話で一致してた~。


・やまねぇ~がやりたかったみゅーさん
コーナー終わって椅子のお片づけしてるときに突然スイッチが入ったみゅーさん。
みゅ「俺、やまねぇ~(わりと似てる)がやりたかったの!ずっとシミュレーションしてたの。アンガールズさんのとき絶対呼ばれると思ってたのに!(呼ばれたのは)はぎさな!俺まじでやまねぇ~(そこそこ似てる)やりたかったの!」
まず突然怒り出したの意味わかんないしはぎさなをはぎさなっていうのもいつもコンビのことそう呼ぶの?ってかんじだし全体的にみゅーさんがかわいいだけの時間だった…。椅子片付ける手をやめてまで力説しててほんと意味わかんなくてかわいかった。
そこに椅子片付け終わったはぎちゃんが、
はぎ「でもみゅーと絶対負けてたよ」
みゅ「なに?しんちょう?たかかった?」
はぎ「でかかった!」
みゅ「そっかあ…」
会話の意味よくわかんなすぎてまじらぶとぅん幼稚園のはぎみゅだった…とりあえずみゅうさんはそっかあってしょんぼりしながら椅子を片しに行った笑。

はぎちゃんがアコギ持って出てきて、即興で絆弾いてやっすーが歌ってみゅうさんも…!ってとこでめっちゃでかい音かき鳴らして現れるギタリストさなぴ笑。
みゅうたろう「「うるせーよ!!!!」」
やす「主張がすごいんじゃ!!!」
みゅ「ギター界のじゃいあん」
やす「ジャイアニズムがすげーな」
はぎ「(地声で)かまちょ発揮しないでもらえます!?」
みゅ「ちょっとそこ地声で言わないでもらえます?」
ほんっっっとにらぶはテンポがいい笑。
さなはぎ2人並んで椅子に座って青いベンチ。はぎちゃんの声って聞きやすいよね、けど深みがあってちょっとセクシーなとこもあって。好きです。

  • はだかんぼー(みゅ)

トラジャのときと曲も衣装も同じだけど椅子使った魅せ方はまた別物でかっこよかったな~。今回は最初から最後までステージにみゅうとくんだけ。後半日程は曲変えるのかな~けど椅子と衣装が次の曲への流れだからどうなんだろうな。曲を変えなかったこと、については、まあいろいろ意見はあると思うけど、やっぱりわたしにはみゅうとを否定することはどうもできそうにない笑。別のものをやるチャンスだったのにもったいないかなあとは思うけど、でもだからってこれを否定する気は一切ない。あととらじゃでのこれを見てもない人にとやかく言われる筋合いは、ないような気はしている笑。
はだかんぼー!コールを「みなさんも一緒に言ってください!せーの!」って丁寧なのがすごくみゅうとくんらしいし、最後に「ありがとお!」って絶対いうところもすっごくみゅうとくん。大好き。

  • Yes!(みゅうたろう)

ずるいんですよ。ずっとステージ上ではドライな距離感保ち続けてきたじゃないですか。もぐもぐ案件はキングオブ男と相棒!くらいなもんで。ずっとドライだった。けどいつかステージで背中を預ける日がきたら、それはとんでもないものを見せられる日だってずっと思ってたから。ついにその日がきたんや、って。思った。衣装はみゅうとくんがソロのまま、白シャツ黒ベスト黒ネクタイ、やすいくんは白シャツ黒ネクタイ。それぞれ右手と左手に片方ずつグローブしてて、たぶんあれは一組をわけてつけている…。けしからん。はだかんぼーで使った一脚の椅子もそのまま使う。パートは基本交互でサビだけ2人で歌ってたかな。
まあ一言でいうとえろい。腰振るわ椅子になだれこむようにもたれて歌うわやすいくんが後ろからみゅうとくんの頭ごと抱え込むように抱くわネクタイくわえるわ最後はシャツばーん!で美しい6パックの腹筋を見せ付けて終わる。全部詰め込んだみたいな、絶対えろく見せるのをとことん楽しんでやってる。キャーーーーって言わせようとしてるのもう見え見えなの、そしてまんまと客席は悲鳴の嵐だった。ずるい。とことん打算的、そこがいい。みゅうとくんがいっちばんえろっちかったのは顔に手あてて頭振ってたときかな…あの振りいちばんえろっちい。あと「甘いbreath」の歌い方が溶けるような甘さだった。みゅうたろうの声ってちょっと似てるよね。やすいくんのが声の湿度が高め。わたしはとにかく最後に2人で一脚の椅子を引きながらゆっくちゆっくり後ろに下がってく演出がちょー好きだった。

  • ダイスキデス

それまでのみゅうたろう劇場がすべて浄化されるかのようなはぎちゃんの歌いだし笑。ここから4人とも赤ジャケットかな。セットの高いとこに4人そろって歌う。最後のはぎちゃんの「ダイスキデス」のあと、ひゅ~~~~!!ってはぎちゃんを茶化して、よくできましたあ~~~~ってよしよしする3人でした。

  • ドラマ(さなぴ)

初めて聞いた~とっつーの曲だよね。別撮りでとつじぇしいわみゅでやったやつ。さなはぎみゅでバンドスタイル~。これのみゅうとくんずーーーーーっと煽り入れ続けててわたしは感動した笑。「せーの!」もがんばって言ってたなあ。だからさなぴの歌をあまりちゃんと聴けなかった!笑。次はちゃんと聴こう~。さなぴの歌声はさなぴらしい、穏やかで安心する声だなあと思う。

  • Takeover×FOREVER

わたしは、この4人の始まりはここだと思っているから、少なくともわたしがこの4人の作るステージをもっと見たいって、ついていきたい、名前がほしいって強く思ったのはドリボの初日にこれを見たときだったから。また見れてうれしかった。今回のクリエって、新しいものは確かにないんだけど、これまでの足跡をたどるようなセトリだなあとふと、思った。始まりにふさわしいというか、これっきりじゃなくて、ここを区切りに始まっていくステージ、って感じがする。
今回のこれはFOREVERをAメロからやってくれた!サマパラで1回だけやったやつだよね。わたしはその回入ってなかったからやっと見れた~。「どんなときでも守り抜くよ この胸にある譲れないモノ」。はぎみゅパート。センターで向かい合っておでこくっつくまで顔を近づけて歌うはぎみゅ。みゅうさんの手がはぎちゃんの首をホールドしてたのをわたしは見逃してないぞ…はぎみゅけしからん。はぎみゅのゼロ距離感けっこうすごいよね。最後の4人が向かい合うところもまた見れてうれしい。少年はあそこ引きで撮ってくれなかったから~。強い目をして向かい合う4人の姿が大好きなのです。

  • ザドリボ

頭の中でもT×Fのあと自動的にこれ流れ出すから、本人たちにとってもセットなんだなと笑。ドリボだなあ。始まりのドリボ。

  • 自分のために

みゅうとくんが終盤モードになってた笑。ほんと、ペース配分ができないんだと思う、後半になるときつそうなんだけど、それでも楽しそうに笑うんだよね。あの顔がすっごい好き。目をぎゅーってつぶって上向いて、ぷはーって大きく息吐きながらちょー楽しそうに笑うあの顔。

  • へぶんり

「僕にとってはLove-tuneというグループは初めてのグループです。一緒にLove-tuneを背負えるメンバーがこの4人でよかった。これからも4人、恐れずなんでも挑戦するグループになっていきたいと思っているので、ついてきてください」。みたいな、やっすーの言葉があって。だいぶニュアンスだけど。歌いだしのさなはぎみゅって続くソロパートを、センター位置からやっすーがひとりずつ振り返って、すんごい優しい目をして眺めていた。やすいくんは、本当に、嬉しいんだなあって思って。今、嬉しいんだなって。こんなにも「嬉しい」がにじみ出て、どうやっても伝わっちゃう人、久しぶりに見たかもしれないって思った。みゅうとくんはね、フラットだった。わたしこのコントラスト好きかもしれない。なかなか見れない、感情が先走ってるやすいくんと、どこか冷静で穏やかなみゅうとくん。でもこれがLove-tuneのみゅうたろうの在り方なのかもしれないなあ。なんてことも思った。


(アンコール)

  • パリマニ

アンコールがLove-tuneコールだったよ。先陣きってコール始めた方すばらしいと思った。ありがとうございました。
もっかいOPかと思うような、手の込んだ照明とインストが流れて。パッと明るくなったら、階段の上に4人が座ってた。帝王感…。何にでも感つければいいと思ってる節は正直あります。やすいくんの「we are PARTY MANIACS!!!!」の瞬間の客席のボルテージの上がり方。まんまとしてやられたぜ。わたしは、結構前から「もうパリマニはいいぜ…」派だったんですけど笑、だって別に持ち歌でもないしそんな延々とやるのもどうなんって思ってて。それよりネクステいこうぜ!みたいな。けどまあ、このタイミングでもってくるのはさすがにすごいなあと思わされたかな。みんな好きだしね、それは間違いなく好き。けどもういいぜ!今回が最後で!笑。とってつけたようだけどみゅうとくんはそれはそれはとってもかっこよかったです。ホテルマンイエロー着てたよ。やっすーピンク、さなぴ赤、はぎちゃん緑、みゅうと黄色のジャケット。これがメンバーカラーなのかな。マイクのテープも黄色だった。ふふ、メンバーカラー、うれしいな~。好きな色は黄色でーす!(ちょろい)
パリマニ終わって座り込むさなみゅに「すわるなーーー!!!!」って怒るやっすー。コールがないと俺はもうだめだ…ってほしがるさなぴ。「つかれてるんじゃない!おわりたくないだけ!!!」ってよくわかんない言い訳するみゅうさん。かわいいなあ。らぶはかわいい。

  • 明日へのYELL

もう明日へのえーるはいいぞ!!って思ってたのは否定しないんだけどもういいや笑。さっきも書いたけど、本人たちがどういうつもりかはわからないけど、始まりのクリエだから、この先がまだまだある前提って思って、これまでの足跡をたどったと思うことにする。


(Wアンコール)

  • 言ったじゃないか

もう言ったじゃないかは以下略!!笑。けどそんなことはもういい!笑。ちゃんと演奏するなら、レパートリーだってそんなすぐは増やせないの、それもわかってる。それにやっぱりわたしは「かーみーさまああ!!ほとけーさまあああ!」って声の限り叫ぶみゅうとくんのこと、大好きだから。「言ったやんかー!言ってないかー…」ってしょんぼりするみゅうとくんだって大好きだから。何を見せられても好きなものは好きだ。
Wアンコールありがとー!まさかくるとは思わなかったよー!って嬉しそうで、やす「次はOPダンスナンバーから始まるかもよ?いろんな見せ方ができる、それがLove-tune…(ドヤァ」みゅ「そんなかんじで広めてねーみんな。いろんなことできるの」ってみゅうたろうのコントラストがやっぱよくて、やす「これでみゅーとも安心して広島いけるねー」みゅ「いってくるよー」やす「おれもいこっかな」みゅ「みんなでいくー?」はぎ「振り教えてよ」みゅ「10曲くらい出るからやめといたほうがいいよ(マジレス)」ってゆるーく広島に送り出してくれて、最後は「すきだーばかー」ってかわいい声を残して幕がおりたよ。
終わってから自然と拍手が起こったの、すごくよかったなー。らぶのファンは声もよく出てたし、一緒に盛り上げる!って感じがすごくすてきだったなって、まあ自分もその中に含まれてるから自画自賛みたいになっちゃうけど笑、思いました。



拍手ボタン


ひとまずセトリにそって、記憶の海に沈む前に書きました。そのほかもう少しまとめたいこともあるから、もしかしたらまた書くかもしれないし、そのまま21日を迎えるのかもしれないし。絶対的にいえることは、みゅうとくんがとっても楽しそうに笑ってたこと、やすいくんがすごく嬉しそうだったこと、わたしがLove-tuneを好きなこと、楽しかったこと。それがすべてでもいいのかなって、思っているよ。21日がたのしみだな。どんな風に変わってても変わってなくても、好きだから、すごく楽しみです。