読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ銀座2016 Love-tune 0521昼/0531夜

310 CON Love-tune

つまるところは、楽しかった!っていう、Love-tuneクリエのおはなし。



  • overture

21日はね、幕の向こうで聞こえる円陣の声がどう聞いても4人のそれより多かったんだけどね、気づかない振りをした笑。「もりたみゅーとでーーーす!!!」overtureが壮大だからかみゅーさんの声もちょっと低くてかっこつけててかわいい。

  • ワイハ

確か21日の幕が開いて一番に思ったのは「みゅーさんお化粧がそこまで濃くない!」で二番目が「あれ、4人だ」ってことだった笑。6日ほどは濃くなかった。けどまだ濃い。アイラインがなー。そんながっつり引かなくても綺麗な顔だよ~。と言いつつお化粧栄えする顔だなあとも思う。31はここからもろいた。もろがすっごい煽ってくれてありがたいんだけどみゅーさんの煽りがかき消されて!いる!笑。みゅーさんがんばろ。がんばって声出してるのは見てればわかる。それが伝わらないのはもったいない。

  • らぶほりでー

いっぱい笑っててほんとにかわいい。31は紹介に白ソックスの話入れてくれて、足あげてチラって見せるみゅーさんぐうかわ。時代の最先端!目指せカリスマ~~!あと「ジャニーズが生んだ天才ポンコツ」も好き。ただのポンコツじゃなくて天才ポンコツ!よい。
らぶとぅんとぅん!らぶとぅんとぅん!は定番のC&Rにしてってほしいなー!もうできる!初めての人もきっと周りがやればできるようになる。Love-tuneポーズがあって、C&Rがあって、ユニットなんだなーって実感する。あとやっとメンバー紹介時の照明の色確認できた!おそい!笑。ちゃんと、それぞれの色だったー。ユニットなんだなー!

  • Loveを叫べ

なんでこれなくなってしまったんや…1曲目から3曲目まで全部Loveの入ってる曲なんだよー!って嬉しそうに話してたじゃないか~なくなった理由はわかんないけどただたださみしい。かなしい。Love叫びたかったぜ!らーぶらぶらぶらぶらぶとぅーんを♪のサビに入る前みんなめっちゃ嬉しそうに笑うんだもん。はーもうほんとにね、4人にはね、コングラッチュレーション幸せになってくれなきゃ困るぜベイベー!だよ。

きっとこれのみゅうたろうは何万回見たって飽きないなあ。つまらないまなざしが~あたりになると自然とやっすーを探してしまうわたしになった笑。みゅうとに近づいてきて、肩に手を置いて(肩の位置がやっすーにはちょっと高い)、みゅうとを覗き込むようにしてマイク向けて、ばっぼーい!言わせる、何万回でも見たいみゅうたろう。
最初は、ジェシーだったんだよね。みゅうとにばっぼーい!を歌わせ始めたのは。ガムパ8で。それをクリエHでやっすーが引き継いで、サマステではまたジェシーに戻って(サマステではみゅうとベース持ってなかったけどな!笑)、そんで今。変わらずに向けられるマイク。なんかもうずいぶん経つんだなあと。メインで、俺たちだけでライブやらせてもらうようになってから。こんな「いつもの光景」ができちゃうくらいには、経った。すごいことだね、それだけの経験を積めるのも、それだけの時間一緒にやってきたのも。

  • 感じるままに輝いて

これ3年前のクリエ(謎選抜)のときも思ったんだけど、本当に瞳に嘘がない。と、通路やお立ち台で客席を見るこの人たちを見て思う。特にはぎちゃんは余りにも自然体すぎてびっくりしてしまう笑。ニコニコキラキラなはぎちゃんのまま。何歳になってもピュアって言葉が似合う人でい続けるんだろうなあ。

  • BOMB

歩み出てくるときに首を鳴らすみたいにするのめちゃくちゃ好き。かっこいい。チャンプを意識して…いるのか、な…?えっみゅうとくんBOMBの曲中はチャンプになってたのか!?かっこいい!チャンプやろう!細いけど。やろう。話それたわ。表情も冷たくてちょっと攻撃的でかっこいいのだー。さなぴとのハイタッチ、ラストの回かなーすっごい力強い音が響いて、かっこよかったな~初日にみゅうとくんが言ってた通り、男のステージってかんじだ。みゅうとくんの滞空姿勢が好きだから、この曲何回もジャンプ見れてうれしい。空中で一瞬ピタッと止まるあの瞬間見るのが好き。

  • ふぁいやび

ここが別世界への入り口だった笑。曲始まるまで知ってる世界だったのに、終わったら見知らぬ世界にいた笑。
4人のふぁいやびも増えてからのもどっちもよい。どっちが、って比べるものではない。ひとつ言えるとしたら、量のパワーはやっぱりすごいなー!ってこと。7人+バックで踊るラストのところ、面で向かってくる圧がすごくて、うおおおお!って興奮した。軽率に興奮した。バックを従えて踊るってこういうことなんだ、と。そこでわりとクライマックス迎えた気になるのにそっからさらにバンドパートに突入するからLove-tuneはたまらん。ビートだけ感じて盛り上がれ!って一人ずつ言ってくところ好き。

  • Love-dogs

みゅうとくんのゴールデンレトリバーみがすごい。かわいい。大型犬。
こなもんはね、やっすーのパート奪うところで結構前からそわそわしてんのが可愛い笑。モロササイズは31にやったのが謎のときのモロササイズだった気がした~なんかなつかしかった。見学のとつか先輩が無表情で腕ぶるぶる~を一緒にやってくださっていたのが視界に入りました。やさしい。あいかわらずみゅうとくんは、客席が一緒に何かやる、客席が仲良くする、ひとつになる、ってことに本当にうれしそうな顔をする。「すげええええ!」って、きらきらした笑顔を浮かべる。「みんないーよー!ありがとー!」って素直に言葉にする。好きだなー!

  • エタマイ

やー、良い曲ですね。初めて聞いたんですけど。率直に曲と歌詞が好きです。最初っから最後まで、今のみゅうと、今のLove-tuneみたいな歌詞だと思った。「蒼い光の中君は待っていた」。黄色のお兄さんになっても、わたしの中のみゅうとくんはいつまでも青い炎を内側に秘めてる人だよー。あとこれまた率直に言うとみゅうとくんのパートが多いのがいつまでも新鮮にうれしい。「今風前のLife つまり解放」「理想や金額(ちから)じゃない」「Let it go now 君の未来だ」「Signal Is A Red Alertが鳴り響く It's A WARNING Now! Go!Go!」「Let it go now 本当のYour Life」。みゅうとくんの歌声はやさしい。ラップパートは低くて凄味のある声を這うように響かせるのに、「君の未来だ」なんてもう本当に穏やかで溶けてきそうに優しくて、空気が凪ぐみたいな声。この世で一番好きな歌声はみゅうとくんだってなんの迷いもなく言えちゃうなーわたしは。君の未来だ、本当のYour Lifeって歌いながら何かを描くみたいに指先をくるくるさせるのも好き。
みゅ「理想や金額じゃない」さな「見えない何かが」はぎ「"走りだせ"」やす「そう叫ぶAlright!」。はー、よくできてる。

  • kiss魂

冒頭のグーパーするとこと、背中に手回して指先くるくるするところ、みゅうとくんだけ3Dじゃないです!?いやみんな3Dだけどみゅうとくんの指先だけ輪郭がくっきりしすぎてて何がどう違ってああなるのか意味がわからない。指が長いから?それだけじゃないよね。まあ全体的にみゅうとくんのダンスは意味がわかんないけど…やっぱりひとりだけ違う空間にいるみたいに見える。重力とか自在に操れるんじゃないかと思う。「俺は空気を操れるんだ」ってドーミョージも言ってたな…(チェリーズのはなし)。踊るみゅうとくんを見ていると、かっこいいと思うと同時に、あんな風になりたいと思うようになった最近。だってめちゃくちゃ楽しそうだし、気持ちよさそうなんだもん。
6日はFOREVERでやってたはぎみゅおでこコツンをkiss魂でやってたな、需要に対する供給の貪欲さがよい。4vs3になるところはジャニーズみ溢れててこれもよい。曲中の謎の抗争!ジャニーズみ!

  • レスキューレスキュー

れおみゅー!れおみゅの背中合わせは非常によい。綺麗なものが好きです。はぎちゃんの周り集まって「For your peace」でみんなで「ピース!」が本当にかわいくて大好きなんだけどこれエイトさんを踏襲したものじゃないと聞いて、やろうって言い出した人天才だなあ。かわいい。なのに少年でそこがなかったの悔やまれる。あの可愛さが映像に残らないのは世界的な損失…。

  • MC

あとで気が向いたらまとめます。多分気は向かない笑。魔法のことば「ディズニー行く?」が秀逸だったね…たまらんみゅうたろうだった。みゅうたろ通信で言ってた、両サイドに立つみゅうたろうもちゃんといたよ。いろんな、意図や難しいことを言葉にして届ける役割はすべてやすいくんが担っているけど、みゅうとくんはそれが少しでも上手くいくように、いろんなものを掬い上げている。よきパートナーだ。

  • へぶんり

ベースにだけはさわんじゃねえ、ぞ…!ってはぎちゃんに言うみゅうとくん最高に好き。自分の武器や強み、領域を絶対的に理解している賢さ。それを言葉にできる素直さもよい。よいみゅうとくんだ。あとこれの前のマイクスタンド準備が上手にできなくって呆れながら寄ってきたやっすーにやってもらって「あれぇ?かんたん…」ってハテナマーク浮かべてたみゅうさんはよい赤ん坊でした。
はぎちゃんタイムのとき、緑に染まる客席が好きだなー。早くもっと広いとこで、それぞれのソロのときに、ピンクにしたり黄色にしたり、したいなー!黄色の海に浮かぶみゅうとくんが見たい。

  • ことたい

あんまり記憶がないです!(きっぱり)

  • 歌舞伎組コーナー

これのMCがみゅうたろうなの最高。みんなに話振っていろいろ聞いて、ってしてるのがすごい先輩っぽくて。今までこういうの、してもらう側は見てきたけど、してるのすごく新鮮で(やっすーはたくさんしてきただろうけど)。嬉しかったなあ。みゅ「たにむらなんでそんなおっきくなっちゃったの?俺長身で売ってるからとなりこないでー!」やす「俺(の身長)は誰ともかぶらないからね(どや」みゅ「…そうね」やす「そうねじゃねーから!!!」みたいなのとかもういろいろ、よかった。みゅうたろうはテンポがいい。お互いの言わんとすることを、少し言えば大体理解する、みたいな呼吸の合い方がいい。
まさかタダで(チケ代はみゅーさんとらぶに払ってる換算)ねぎちゃん見れると思ってなかったからラッキーねぎし!って思いながら見た笑。ねぎちゃんはいつでもたおやかで涼しげですてきだなあ。

  • ブラホワ

曲始まる直前なんて言ってるんだろ?普通にBlack&White?あれ言ってるのみゅうとくんかな?それと共に照明が明るくなって7人歩み出てくるの最高にかっこいい。わたしが4人で唯一不満に思ってたとしたらそれはセンターが存在しないことだったから、奇数になってそれの0番に立ってる姿見れたのは嬉しかったな。やっぱりそこにいるみゅうとが絶対的に好き。0番で踊るみゅうと、はわたしの永遠の正義で真理だよ。
「暗闇からFREE 逃げ出したくてもできない」「かくれて逃げてもBLACK&WHITE」と中盤のラップもやってたけどどこからみゅうとくんかわからない…あらん→みゅってバトンタッチするんだけどな~どこからみゅうとか忘れてしまった。ソロパートにこだわっていきたい委員会失格だー。「かくれて逃げても~」は曲の最後のパートなわけだけど、みゅうとくんのちょっと無機質で淡々とした歌い方がハマっててすごく好きだった。そっかブラホワ最初も最後もみゅうとくんのパートなんだねーうれしいぜ。

  • アイノビ

ロックverになってから「止まらないー、アイノビート!」で全員がステージに飛び出してく感じがやっぱりちょー好きだ~。

  • ベースソロ

これなくなったの本当に地球規模の損失。いつかまたどこかで披露してほしい…。やっぱりあれなのかなあ、おれたちが黙り込んでしまったのが、だめだったのかなあ…だとしたら本当に腹を切りたい思いだ。違うんだよ、そうじゃないんだ白けたとかじゃなくって、誰も身動き取れなかっただけだよ…。みゅうとくんの響かせる音に、負けないように立ってるだけで精一杯だった。はー本当に、めちゃくちゃかっこよかった…ベーシストのみゅうとくんだった。

  • ??

BECKのやつでは?ってどーたんが教えてくれて、そのあとついったーでもそう回ってたけどどうなんだろ?メロも歌詞も全然覚えてないから何とも言えない~ベースソロからこれの次のFOまで、何かが憑依したみたいなみゅうとくんだった。アイドルを捨てて限りなくバンドマンに振れたみゅうとくん。壊れたみたいに跳ねて頭振ってベース弾いてた。多分壊れてた。

  • FO

この曲って何なんだろ、ヒトをおかしくさせる何かがあるのかな。ガムパ8のときから、この曲になると誰もが壊れる。あ、ふぁいなりーおーばーのことね。FO。とつか先輩はどんな顔してあのステージ眺めてただろーか。
みゅうとくん完全に限界の向こう側にいた。こっちはついていくのが精一杯だ、見てるだけで頭ん中侵食されておかしくなりそう笑。普段はあんなにも「かっこいい俺」を保つことに余念のない人が、髪がどんなに乱れようと気にせずに頭振ってもう意識朦朧としてんじゃないかって顔して表情作ることも全然せずに、ただただ音に身を任せてた。どっかで一度、吠えたんだよーみゅうとくんが。上向いて、目をぎゅっとつぶって、気を吐くように吠えた。あーもうたまらんな!って思って、こんな姿、バンドやんなかったら絶対見られない。Love-tuneやってなきゃ見られない。あらんとながつーさんともろの、ファンの人どーだった?最高じゃない?こういうのさ、こういう狂った空間の中に存在する自担まじで最高じゃない?って、聞いてみたい。
とらじゃでガツガツ踊ってるみゅうと、キラキラアイドルのみゅうと、ふにゃふにゃぽんこつのみゅうと、そのどれでもないみゅうと。きっとみんな驚くだろうなあ。こんなみゅうともいるんだよ、って、いろんなひとに見てほしいし、この頭おかしい空間をもっといろんな人に体感してほしいから、もっと広いところでライブやろ(結論)。
あーそうだ大事な話をしてなかった。歌いだし、やっすーの孤独な戦いの歌いだし。直前まで飛び跳ねて頭振ってしてたからか、声が震えてちょっとふらついて、あ、やっすーがんばれ!俺たちのぶいおーどっと(byみゅーさん。Vo.やすいのこと。ぼーかるやすい)!って思った瞬間、すっと、その背中に手が伸びた。やっすーの方なんて見ることもなくクールな目をしたまんまの、みゅうとくんの手が、やっすーの背中に添えられた。あ……ってなった。もう言葉にならなくて。あの腕が実際、やすいくんにとってどんな役割だったのかわからないけどね。意味なんてどうだっていい正直。目に映ったその景色が、ずっと忘れずに大切にとっておきたいものだったんですよ。

  • 自分のために

髪ぐっしゃぐしゃでライオンみたいになってて、何度も前髪かきあげて、頭ふるふる振って、息大きく吐いて。そんでふわっと笑う。アイドルの自分に戻す作業、してるみたいって思った。
スイッチ切り替えてからはもう、いつものみゅうとくん。楽しそうに笑って、客席が歌うの嬉しそうに眺めてるみゅうとくんだった~。

  • れっしん

21日は、まあいろいろあったけど、れっしんで全部溶けた感覚だった。最後にれっしんかーそうか、えび座だな、みんないたね。あの現場、しんめだったな、みゅうたろうは。みゅうたろうが「ひとつ舞台をやるたびにひとつ成長したところ見つけよう(ニュアンス)」って約束したのが、えび座だったな。やっすーの挨拶の最後に「聞いてください、れっしん(ちゃんと曲名言ってたよ笑)」って言った瞬間、とつか先輩がすっっっごい優しく可愛く笑ったんだよーーーそしてすごく大きく拍手をしてくれてた。なんかすごいぐっときたなあ。
で、そのれっしんのみゅうとくんがな、まあそれはそれは美しくて。大好きな表情してて。目を細めて柔らかく優しく笑うみゅうとくん。最近どこかで見た顔って思ったら、あれだった、ドリボのいんざねーむおぶらぶの「今日の日を忘れずいよう」のときと似た顔してた。燕尾がこれほど似合う人いるのかな。まあいるんだろうけど。本当に似合う。胸のポケットにさしたメンカラのチーフもうれしいね。最後センターにくるのも、きれいなダブルきめるのも、好きだなあ。
「孤独な日は思い出して 僕らはともに生きる旅人さ」って、やすいくんが、メンバーを見渡しながら歌うの、ずるいだろ。

  • Oh Yeah

最後に「負ける戦はしないよ」って歌われて、なんかストンと自分の中にハマった。勝ちにいってるからこそ、今目の前に7人がいるのかなー的な。あの夏と同じ、そこじゃないだろ!なパートをおれたちに歌わせようとするやっすー。歌えるおれたち。それ見てあらんがびっくりしてたのが見えた。ふふ、歌えるのさ。Love-tuneのファンは、歌えるのさー。

  • セブカラ

すっごいの探してきたなーって率直な感想である。7色の魔法にかかってたんだね。
みゅうとくんは大体客席にいた。後ろの後ろまで、時間ぎりぎりまで、客席にいた。それでもまわりきれなくって「いけなかったとこごめんね!」っておっきな声で謝るんだーそれがおれたちのスーパーアイドルもりたみゅうとなんだー。

  • 前向きスクリーム

もうずーっと楽しそう。とにかく楽しそうにステージ走り回って大暴れして、全部全部楽しいで上書きして、スペシャルハッピーな空間。楽しいは正義だなーーーー!大好きだー!!!!



拍手ボタン



ひとまず感想を書きだしておく。思うことは他にもたくさんあるんだけど、記憶の海に沈む前にすくいあげておくね。
いろいろ、かけたらいいなあと思うけど、言葉にするのが難しい。まあでもとにかく言っておきたいことは冒頭のことなんですよ、楽しかった、大好き、ありがとう、ってことなんですよ。みゅうとくんとLove-tuneへ。一緒にあの空間を作ったらぶのおたくもお前ら最高だぜ!って気持ちです笑。