読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サマステジャニーズキング 永瀬廉/SixTONES/Travis Japan

ハタチの夏2nd stage。



  • あらし

遅番で下手バルコ真下に入った日があって、みゅうとくんの姿全然見えなかったんだけどバルコの手すりに乗っけられた足であ、あれみゅうとくんだってわかった。なぜなら白ソックスが見えたから。ほんとみゅうとくんってありとあらゆるところに個性があって、すんごいな…と思った。

  • びーくれ

オリ曲いいなあああああ。らぶにもオリ曲…って思って見てた。

わたしほくみゅ党なんですけど予想通りすととら公演ほくみゅほっっとんどないので笑、この曲で立ち位置となりうぇーい!ってエコな喜び方してた…笑。

  • 完全マイウェイ

バルコ…!に行こうと思ったけどみんな行っちゃったからって戻ってきて。そのあと今度こそバルコ…!!行こうと思ったけどやっぱりステージ人少ないから残って。周りを見て動けるところ本当に好き。すととらのみゅうとくんはらぶすののとき以上にステージを俯瞰して見てる。これはとらじゃクリエのときも思ったことだな。そこにいるのに、少し遠いところからすべてを見てる。

  • おーさまーきんぐ

もう踊れるー!

  • いつば

みんな大好きミッフィーちゃん。「二人の秘密が」で指でばってんするみゅうとくん。

  • Dモ

きょーもとくん本当に近未来型アンドロイドみたい。

  • しんくゆー

はばくんかっこいい…。

  • スクデ

ジェシーさんサイコーに好き!!全力でふざけられる人大好き~サビで「いえーえーーーーー!」って歌いながら横断してくところが一番好き笑。

  • Fire!

きょもみゅにあんまり興味ないんですよわたし。突然ですけど。なんでかって「お友達」「プライベート」だから。嫌いなんじゃなくて、なんか不可侵領域っぽいからどう好きになっていいかわかんなかった笑。だからいつか、「いちアイドル同士としてのきょもみゅ」を「ステージで」見れたらいいなあと思っていたのです。だから!これは!本当に見たかったやつだった…。
サビ前にみゅ→きょもって続くソロパートをセンターをバトンタッチして歌うきょもみゅ、ってサイコー以外のなんでもない。対等に、ステージに立つきょもみゅ。きょもさんって正直ずっと遠い人だったから、みゅーさんやっとここまできたなあとも思って。
「隠れないで耳元で 今夜君がほしい」。わたしの周りは「今夜君がほしい」担が多いんですけどわたしは圧倒的に「耳元で」担です。特に「もとで」の甘さ…なにあれ。ほんとみゅーさんの声たまらんことないです?あるよね?あの甘さにアタマの中溶けそう笑。はーーーー本当に好きです。みゅうとくんの歌声が。

  • 月の幻

やっぱり、このラッパーも歌がうまいんだなあ。キョーダイだなあ…などと思いながら見ていた。わたしの最初の「担当」は彼のお兄ちゃんです。

  • Going

永瀬くんとおててつないでぶんぶん振りながら出てきて、永瀬くんをセンターに送り届けたら優しく背中ぽんってして離れていったみゅーさん大好きすぎた。永瀬くんに噛まれてる日もあった笑。この曲だっけ段上にじぇしみゅきょもって並ぶの。あの並びとてもよかった…この国のトップって感じがめっちゃよかった。気高い。じぇしみゅきょも。永瀬くんにバックハグするのもこれ?永瀬くんがマイク持ち替えてまでみゅーさんの腕をぎゅってにぎるのいいよね…れんみゅ。

  • ハイハイジェット

はばくん…の立ち位置がゆうぴーさんに変わってて、そういう世界だよなあと。改めて。

  • パフォーマンスバトル(とら)

相対的な評価と絶対的な評価の違いについて考えながら見た。

  • パフォーマンスバトル(すと)

ダンクで血が滾るのは、チーム我を通ってきたニンゲンの性だよね…。特にじゅったんとか去年と同じ技もやってるからもう…。全然、気楽に見れない笑。ダブルダッチも、8.14我羅の記憶がぶわーーってアタマを侵食してきちゃって、心臓がぎゅってなって。永遠に忘れらない夏、になってるんだなあと実感した。そしてジェシーさんは相変わらずスーパーマンだった。

  • MC

ふかやすの偉大さを改めて知った。みゅーさんには、MCを円滑に進めるための察しの良さも思いやりもそれなりのトーク力も人との信頼関係も、大体があるんだけど(あるっていうかスキルは磨いて身に着けた)、そうやって進行に注力する中でも自分をアピールするチカラ、がまだ足りないのかなあと思って。それをふかやすは多分持っていた。MCを楽しむ余裕も見て取れた。すごい。みゅーさんは、とっても一生懸命だったから。
んー、でもわたしはすととらMCのみゅーさんを見て今まで以上のみゅーさんのこと好きになったな。まだまだ上手いことは言えないし、言葉の臨機応変さには欠けるけど。とにかく、優しいんだ。常に弱きを助けようとする。話せてない人に話を振る、それまくった本題の軌道修正をする(=ながせくんを助ける)、全部が優しさと思いやりを根っこにした行動だったと、わたしは思ったんですよね。見ていておぉ…ってなるとこもあったけど、預けられる人がいない状況はきっとみゅーさんを強くするから、よかったのかなあと思う。

  • 指輪~ネクステ

ネクステでコーラスパート歌うときのはばくんが想像以上にかっこよくて。人差し指たてる仕草かっこいい。

  • チャチャチャ

この選曲は高く評価したい…!!!!!笑。みゅーさん、ラップもずいぶん板についてきた~。前はちょっと走り気味かなあと思ってたけど。

  • バニラ

これはひどい。端的に言って、もりたみゅうとさんからいろいろ漏れすぎている…えろいよ…。本当にこの人は、踊ることでありとあらゆるものを表現してしまえる。踊りに関していえば、集団としてよりも個としてもっといろんな人に見てもらう機会があればいいなあと思ってる。「もりたみゅうと」として、そのダンススキルでお仕事掴めたらいいなあ。
チャチャチャの「信じること~」よりバニラの「生きる意味をくれたから」の方が圧倒的に耳に残ってる。のえるの歌声の話。良い意味でちょっと鳥肌立った笑。甘くてそして、重い…!あとひろちゃんがつかごパート歌ってたな~。

  • スパノバ

21日昼に見たスパノバがすととらサマステの最大インプレッションとしてわたしの中に刻まれている…。すっごかった、なんていうかこう、むき出しのモリタミュウトだった。リミッターの上限ネジひとひねり分、意図的に開放してます、みたいな。エモーショナルすぎて。あ、これがいつもより素に近い、アイドルの枠取っ払った状態のみゅーさんにちょっと寄ったかんじなんだなあと。
「ギリギリ見えない何か」で人差し指と親指で作った丸でこっちを覗いてるみゅーさんが好き。「ギリギリ見えない何か 隠してるよな君のスマイル」がこんなにずるい人もなかなかいない。

  • ワイハ

みゅーさん真ん中でテンション上がった(率直)

  • すとメドレー

この星はほんっとうにはらがたつほどいい曲だな…!!!!!!

  • ただ前へ

じゅったんともりみゅー。絵本のタイトルにしたいシリーズのひとつ。タイトルにするならじゅったんともりみゅうの方がいいかな。やさしい顔して大切そうに歌うみゅうとくんはいつ見てもだいすきでーす。

  • アンダルシア

「アンダルシアの」場数がちげえってかんじ。だてに踊ってないな…。視線の投げ方まですべてがパフォーマンスでしびれる。段上で踊ってるとこは、よいのえみゅだった。とてもよいのえちかみゅだったな。

  • 街角~GO!

もはや全然覚えてない!

  • アンコール

すとのときは相変わらずみじゅとくつろいでてかわいい。一緒に椅子のお片付けするのがかわいかった。シェルターは京本くんとしんたろさんが途中で混じってくるの本当に好きだったなー!わたしはそもそもの気質として「この世界で育った子供たち」が好きなんですよね。そういう人しか持ち得ない何かってあるじゃないですか、どこかピュアでイノセントでちょっと何かが欠けたり歪んでそうな部分(偏見もいいとこ)。だから、こうやってきょもしんが体が覚えてる!って感じで踊り出すの本当にたまんないんですよ…ちなみにもう一人いるはずの「この世界で育った子供」ことジェシーさんは寝転んで足を高くあげて(ヨガのポーズ的なの)ずっと遊んでました。それもまたよし。すとさんの話しかしてない!

  • アンコール2曲目なんだっけ?ほっさま?

ぐるぐるどっかーん!
ブルーの水鉄砲持ってるのが妙に新鮮だった。京本くんが取ってきてくれたやつ使うから青だったり黄色だったり。けどよく考えたらこの場でのみゅーさんは白の人だったね。不思議だ~。




みゅうとくんは一人しかいないんだから、トラジャのみゅうと、らぶのみゅうとって分けて見てどっちがいいとか言うのは違うのでは~~~が持論(笑)だったけど、実際見てみたら全然違う人すぎてちょっとおもしろさすらあった笑。すっごいね、場所に応じてここまで、在り方や振る舞いを変えられるのは本当にすごい。みゅうとがもってる天性のバランス感覚だと思うのですよ。この世界で生きるのに、それは武器になるのかなと思ってます。
らぶすのは、らぶサイコーかよーーーー!!!って世界中に叫びたくなって、すととらは、あーみゅうとくん、すきだなー…って改めて再確認して、好きがまた増えていく時間でした。秋が始まる前日に、かけてよかったです笑。ほんとはえびとか少年とかも、あるけどそれは時間切れかなあ。ひとまず夏のキロク、おしまい。