読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ少年倶楽部公開収録 20160912

「少クラ初披露の曲です!」



  • 出番は5回

2回目OP、2回目ED、らぶ1曲、すのとらメドレーでとら1曲、ゲームコーナー。今回もみゅーさんはらぶとらの境界線をさくっと越えるスーパースター。ゲームコーナー呼んでもらえたのがうれしかったー!

  • 楽器ができる強み

思わぬところでするっと出番があること笑。2回目OPの幕あいたら、キングさんとらぶの楽器組だけがステージにいた。7人だけ。ざっくり言って、楽器できる役得でござる。みゅさんは永瀬くんと肩組んでて楽しげでした。いつものごとく各ユニごとに出てきたんだけどらぶは楽器組が最初っから最後列にずっといるからか、らぶのターン!ってのがなかったような…あったのかなあ?やっすーとか気づいたら楽器組の隣にいた…。みゅさんは安定の上手で、みゅさんに向かってエアベースして茶化してる黒衣装(無所衣装)いるな?と思ったらげんちゃんだった。みゅさんをちょっとばかにするみたいなげんちゃんと、うるせーよwなみゅさん。げんみゅ久しぶりに見たね。

  • ショッキングピンク

あれは集団の中でこそ威力を発揮するね…!!どう控えめに言っても衣装の主張がすごい笑。多分、画面の一端にチラっと映ったってらぶだ!ってわかる笑。幕が開いてあの色が目に飛び込んできたとき、ほんとうれしかったよ。去年のドリボ白衣装はなかなか少年で着れなかったから。そしてうれしいと同時に、これはあれをやるんだな…!って、期待が確信に近づく。

  • 「次はLove-tuneで、少クラ初披露の曲です!」

あきとくんの曲振りの仕方に、オリジナル曲だなあってじわじわと広がる喜び。
ドリボと同じ衣装で同じ曲のサイズ。ありがたいね。うん、やっぱり広いとこ明るいとこが似合う曲だなあと思った。帝劇で座っておとなしく聞くより笑、立ってペンラ振って一緒に楽しみたい曲。パフォーマンスはもう、とにかく見てくれよな!に尽きる笑。なんていうんだろ、満ちてた、誇らしげな、あの表情や空気。「俺たちの」曲なんだっていう、どこの誰でもないオリジナルなんだっていう誇りを持ったキラキラと、どうだこれがLove-tuneだっていう野心と自信全開のギラギラした感じ。はーもうとにかく早く見てほしくて、世界に見せたくてたまんないすね。あと早く歌詞を知りたい笑。クレジットも知りたい!「ロシアンルーレットに託すようなもんさ回せrevolver!」、の、前の部分なんて言ってるかいまだにわかってない…笑。1つめのパートは「空回るほどなんで?ルーズコントロール」だよね。多分ね。
わたしここは映像に残ってほしい!ってパートは結構モニターチェックするんだけど、不覚にも7人ハイタッチのとこ見逃したんすよ…あれほんと引きで撮っててほしいんだけどどうだったんだろ…たのむ。そして映ってたらきっとみんなそれをヘッダーにする。らぶ担のヘッダー芸わりと好きです。

  • ギリギリ見えない何か隠してるような君のスマイル

この歌詞をみゅーさんが歌うっていうのが、やっぱり絶妙にずるい。これ映像に残ってよかった。すととらサマステで2大映像化希望はこれとFireだけど別撮りでも叶わなかったからFireはきっと無理かなあ。

  • きょもみゅ

隣にいるのが当たり前。そんな2人の空気をずっと見てたゲームコーナー。みゅーさんにとってきょもみゅは需要とか営業とかそういう言葉の外にあるものだっていうのが、サマステでよーくわかったんだけど、よーくわかった上で見る、とても自然体なきょもみゅはなんか味わい深さがあったな…。とりあえずきょもみゅは負けず嫌いすぎ笑。ほんとそういうとこが、根本的に似ているんだね。展開がどうなったとかは一応ふせておくけど、企画は運動会的なもので、きっと平野チーム(しょうきょもみゅしんたろ)はいっぱい映るしその中でもきょもみゅは特に映ると思う。
あ、今回も元気もりもり!もりたみゅーとですてへっ!してた。超高速でしてた笑。

  • 最後はまたピンク色

2回目EDもジュニアはユニットごと。みゅーさんはらぶ括り。よく考えたら、らぶ(ピンク衣装)で歌ったあとトラ(青衣装)で歌って、またピンクに着替え直してるんだねみゅーさんは。その衣装替えをするのはみゅーさんだけで。この平行線はいつまで引き続けられるのかなあって、ぼんやり思うこともあるけど。みゅーさんが走り続ける限りは、黙って見届けるのみだよね~って結局いつも同じところにたどりつく笑。難しく考えて、楽しいものもそうじゃなくなる、みたいなのは苦手だな。なんか損してる気分になる笑。わたしはみゅーさんを見て、それで楽しかったり嬉しかったり、そういうの感じたいから、好きなのであって。何かを不満に思ったり病んだりするためでは断じてないのだ。みゅーさんのことは常に「幸せの理由」として自分の中に置いておきたい。
何の話やねんすぎるな…ポエマーは困りますね…笑。