読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1031(18)

世界で一番輝く一等星に、たくさんのおめでとうとありがとうが降り注ぐ日!





去年のお誕生日に、16歳はいろんな景色を見せてくれた1年でした、って書いたんですけど。その先に待ってた1年は想像や期待を一瞬で追い越して、夢見てた、、というか夢も見れてなかったようなことが次々と目の前に現れて、なんだか魔法にかかったみたいでした笑。


でも、現実なんですよね、確かな。
夢でも魔法でもなくて、17歳が駆け抜けた確かな足跡。


たまに、なんてひとを好きになったんだろう、って思うんです笑。好きっていう感情と小さな背中だけを目印に細い道を走ってたら、いつの間にか目の前はくらくらするくらいの色で溢れた世界になってた。そんな魔法みたいなこと現実に起こせちゃうひと。どの瞬間も夢中にさせてくれるからその時は気づかないんだけど、ふと振り返ってみたときに、走ってきた道と今立っている場所の眩しさにはっとさせられる。
一人のパワーじゃどうにもならない、大きな風に背を押されている「今」だと思います。1年半くらい前にとつかせんぱいのこの言葉をお借りしたけど、今はもう「多分」は要らない。みゅうとくん、「今が、羽ばたける時だよ」。どこまでも高く強く、見えなくなるくらい遠くまで、飛んでゆけますように。




18歳。新しい一年はどんな世界に連れてってくれるのかな、何を見せてくれるのかな、わくわくしてる。どんなスピードで駆け抜けたって目印がある限り大丈夫、変わらず勝手に追いかけるね笑。今はもう目印は、大きな背中、かな。
たくさん愛されてたくさん輝いて、世界で一番綺麗な光の下でたくさん笑えますように。もりたみゅうとくん、お誕生日おめでとう。君の未来に幸あれ!



拍手ボタン
(おへんじは後日させていただきます!コメントありがとうございました!)





この1年、改めてだったり初めてだったり、知ったことは数知れないけど。みゅうとくんはやっぱり天性の生粋のアイドルだってことと、みゅうとくんを形容する言葉で一番近いものは「綺麗」かなってことと、景色がかわるたびに付け替えてると思ってた仮面がいつの間にかなくなってたこと、この3つが個人的に言葉にしたいトピックスでした。いつか書けるといいなと思いつつメモしておきます笑。綺麗は、beautifulよりもpureにちかい。近いだけでそうではない笑。