読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ銀座2016 Travis Japan 0502

4年目のメインクリエ。やっと手に入れたソロ。みゅうとくんだけの時間。





セトリはインターネットの海から拾いました。正直半分以上記憶がありません、なぜなら半分以上曲がわからないまま見ていたからですいえーい…。ほんっとわからすぎてびっくりした笑。そして書くこともなさすぎておどろいた…記憶の精度の低さがかなしいよー。



  • Just Go!

ぜんっぜん覚えてない!(最初からこれ)。とらじゃがいろんなとこに出てきてみゅうとくんはステージの上手側。赤黒チェックのジャケットにバンダナ腰巻してたのかな?衣装にバンダナつけてたのかな?ちょっとじんくんの白まえかけっぽかった。

  • Fighting Man

大サビのワンフレーズずつ一人ずつ歌ってくところ、最後の「ためらってたらOver」がみゅうとくん!歌いながら裏センター位置から真ん中突っ切ってセンターに飛び出してくるみゅうとくんめっ!かっ!だった…ジャンプして着地とともにセンターでそのままラスサビ歌い始めるみゅうとくんめっ!かっ!すぎた…。
あと「毎晩病んで泣いて」で泣きまねしてたのがぐうかわでした。ぐうかわ。

  • 明日へのYELL

覚えてない。2年連続明日へのえーる歌ってるな~と思ってみていた…笑。去年の言ったじゃないか~明日へのえーるほどエモいものないからな。

  • 渚のお姉サマー

振り付け講座。ちゃかさんの教え方が意外と雑でみゅうとくん結構焦ってておもしろかったです。エッ…!それでいいの!?みたいな顔をしていた笑。

  • MOLA

あらんさんのバック。これあんまりハマんなかった(わたしに)。

  • キッス帰り道のラブソング

やったー!なかだ歌うまひろきだー!ひろきの歌声聞くのアナザー千秋楽のもろひろアラジンぶり!うれしい!相変わらず優しくて深みがあって、じんわり広がってゆくような歌声だった。なかだ歌うまひろきさん。

  • ごめんね

記憶が一切ない。誰が何をしてたやつだ…?

  • shake it

これがかじやまさんのやつ?みゅうとくん少年のへぶんりの時のキスマイの青白衣装きてた。ボトムは白パンツで白のキャップかぶってて、少年のときの黒スキニーと全然印象が違ってさすがの着こなしでした。この曲の膝ちょー好きだった!ふーいずのDモと同じ好きさ加減!多分みゅうとくん自身がこの振り好き。ひたすら音に身を任せて気持ちよさそうに踊っていた。

  • TWL

しめにおんぶしてもらってたのがこれ?ほんと曲わかってなさすぎJapan。

  • ARASHI

ぷれぞんと同じで中村さんとペア。

  • スリル

スリル1番しか聞いたことなかったから新鮮だった。

  • Love together

曲のチョイスw4人で電車ごっこみたいになったりしててかわいかったな~らぶとげ~。

  • YOLO moment

需要に対する貪欲な供給っていいよね。よろもめしかり、このあとの交差点しかり。

  • コント

パイプ椅子座ったみゅうとくんの膝の角度おかしい。普通に座ってるのに、膝下長すぎて膝の内側の角度めっちゃ鋭角。笑いすぎて椅子の上で膝かかえたり、足ばたばたさせたり、椅子からログアウトして椅子ごと倒したり、むだに立ち上がって笑うだけ笑ってまた座ったり、とにかくよく笑ってたかわいい。
つっこみがいないボケだらけのコントに好きなようにつっこんでちゃかさんが○×判定して一番うまくつっこめた人決めるってコーナーなんだけど、みゅうとくん全力で楽しみつつも結構空気読んで喋ってない人に「喋れよ!」とか言ってた。こういうときの振る舞いが「場数が違う」ってことなのかな~と感じました。

  • MC

コントのMC続いてなくない!?って自分につっこんでるけどもうほんとに覚えてないから無理です。MCはもうついったーにも書いたけど結局きょもみゅかよとじゅったんに尽きたな…ほかのことを覚えられていないな…。詳しくはインターネットに聞いてください。
なんかみゅうとくん絶妙な落としどころにいるなーとは思った。最後にまとめて書く(かもしれない)けど、総じてステージを俯瞰してる感じ。ちゃかさんをサポートしつつ、みんな巻き込んでお話するパワーも持ってて、器用だなと。

  • Ho!サマー

ぷれぞん育ちたちはこのコーナー(ふれあい)必須だと思ってんなさては…なくてもよいのだよ~。

なかださん…!!!なかだ、さん…なんだったんだろうあのなかださん。目を奪われたまんま気づいたら曲が終わっていた。これまたアナザーのブルーローズぶりになかださんのダンスに恋をした。
のえっさんとちゃかさんの間に「いる」の。空気のようにそこにいて、ぽつりぽつりと何かをつぶやくように少しずつ踊っては、またたたずむ。すべてそぎおとしたわずかの動きで、どうしてあんなに心がつかまれるんだろうか。なかださんは不思議だ。人差し指をたてて、すっと腕を伸ばす動きだけで何があんなにえろいんだろう…(率直)。はーいいもの見たなあ。

余韻に浸る間もなくなんか出てきたワァ…学ラン学生帽黒縁めがねのもりたみゅうとさん~とよしざわさんとなかむらさんだっけ?めがね高速で動かすみゅうさんわろた…動き小刻みすぎてわろたでした。
お立ち台で歌ってるとき、みゅうさん自分の手で帽子を飛ばしちゃったの。そのまま客席に落ちちゃうかなって思ったら、ひらっと舞う帽子をそのまま空中でキャッチして、何事もなかったかのように被りなおして歌い続けてた…漫画かな?みゅうさんは漫画の中の人かな?

  • ベイサイドエレジー

サングラスかけてひろきとかじやまさんと誰かが出てきて、それ見た後ろの席の人が「…これ笑うところ?」って言ってたな…多分ちがうな…人選がそうさせたな…。

  • 切なさ、ひきかえに

わたしの中のベストオブみゅーさん。多分ほかの人とずれてるけどわたしはこれだった。メインはしめさんとか3人で、みゅうとくんは途中からバックとして。まず黒のナポレオンジャケ着て現れたみゅうとくんの美しさに息を飲むよね…本当にヒトなのかなあ、みゅうとくんって。現代に生きる男の子があんなにナポレオンジャケットが似合うって何なんだ?お?ってなるわ…。
けどもう踊り始めたら、みゅうとくんの表情と纏う空気にすべてをもってかれてしまった。わたしは音に乗ってただひたすら楽しく踊ってるみゅうとくんも大好きだけど、一番好きなのは踊りで感情を表現するみゅうとくんなのです。砂グラとか、鼓動とか、パーティーが終わってもとか。これはもう完全にそっちだったな。切なさに手を伸ばす指先が儚くって、少し眉をさげて薄く微笑む表情が綺麗で。伸ばした手とそれを追う目線の先に大切な愛しいものがちゃんとあった。
みゅうとくんにあの表情させたらまじ無敵だから~だからお願いさbe my girlの顔~だから早くみゅうとくんを恋愛ものの甘酸っぱい世界に染めようよお…教室の窓側の後ろから二番目の席に座らせようよ~(実際本人はそれのもういっこ後ろの席でデニムのダメージ加工に命かけてた)。話それたよ~。

  • 裸のMIND

みゅうとくんが!いません!みゅうとくんだけが!いません!これは…!?フラグととっていいですね!?

  • はだかんぼー

8人がはけて、ステージの高いとこにピンスポがあたったらそこには、白シャツ黒ベストにステッキを持って不敵に微笑むもりたみゅうとくんがいました。
正直言ってソロ、見れるなららぶの方だと思ってたんですよね。だって雑誌であらんにソロあるって話すし、あらんにしかないのかと思うじゃん!笑。だから、こんなセトリ終盤手前の満を持したタイミングで、俺たちのエース!なタイミングで、一人でステージに現れるなんてかっこよすぎない?って思って。それに、初めてじゃないですか。クリエで、ソロ。毎年ソロダンスはあった、けど私が見たいのはそうじゃなかったから。トラジャでソロやったことないの、みゅうとだけだし(のえしめひろは内クリエでやってる)、もう本当に、よかったなあよかったねえってそれしかない。
ステッキをつかむ手が綺麗で、細かく刻むステップがかっこよくって、何よりやっぱりその歌声が、わたしは大好き。シュガーとスパイスがあわさったみたいなみゅうとくんの歌声がだいすきだ~。もっともっとたくさん聞きたいこれからも。
しっかし今のみゅうとくんが「嘘つきやめにして全部出してこう」って歌うのめっちゃずるくないです?「ほんとのほんとのあなたを見せて」ってこっちのせりふだわ!みたいなところないです?笑。まあ、騙され続けたいんだけど、わたしは。けど嘘つき、とも思ってないけど、やめにして全部出してったみゅうとくんがきっと無敵なんだろうってことはわかる。
そういえば曲の後半からほかのメンバーが主にパーティーグッズで仮装して現れるんだけどパンチききすぎじゃない!?仲田さんはアフロのヅラかぶって吹いたらぴーひょろ伸びるおもちゃ吹きながら出てくるし、中村さんかな?はハゲヅラかぶってたし、天狗のお面逆さに被ってる人もいたぞ?お!?けどその愉快な8人を従えた唯一マトモなみゅうさんの合図で、全員でこのジャジーな曲をきれっきれにステップ踏んで踊るんだよ…これだよなあって、これがトラジャの好きなところ。全力でふざけながらサイッコーにかっこいいもの見せられるところ。たまんないですね。

  • 交差点

からの交差点だからもうこの集団ほんとやだ笑。暗転してる中ひとりずつコツコツ足音響かせてステージに歩み出てきて、ひとつずつ増えるスポットライト。最後に出てくるのは俺たちのみゅうさん、の後姿。かっこいい。
「せつない痛みほど~」のみゅうとのソロダンスのところ。他のメンバーはステージ上で静止して、みゅうとだけが踊ってる。モノクロの世界でみゅうとにだけ色がついてるようなあの見せ方すごく好きだった。みゅうとのソロダンスはもう圧巻で、こんな簡単な言葉で片付けたくないけれど、表現力、ってこれのことだなあと思う。ソロダンスの余韻そのままにみゅうとがふらふらと数歩下がったら、トラジャがセンターを空けて待っている。そこにみゅうとがおさまる瞬間、カチっとピースがハマるようだった。

からのふぇいだんだからもう本当に!この集団!やだ!笑
鋭くとがってたな~みゅうとくん。このモードのみゅうとくんも超好きです。ダンスパートが続いたときの、とりつかれたような熱気と、相反する冷たさを同時に放つみゅうとくん。

  • RWM

はっきり言うてしまうけど、息切れしてちょっと苦しそうなみゅうとくんたまらないよね!!体力的に追い込まれる、自分を追い込んでくみゅうとくんはもぐもぐ案件です。だってあの美しいデコルテにしたたる汗たまらんことないか。そうだろう。ゲスいおっさんみたいにもなるわ。はーいいもの見た。わたし的なぷれぞんの醍醐味ここだったから久々に見られてうれしい。

  • Happiness

あ、ちょっともう記憶がないです。

  • Graduation

泣いちゃうのかと思った。だって泣く前によくする顔してたんだもん笑。泣かない人だと思ってたのに、結局けっこういっぱい泣き顔も涙こらえる顔も見てきたなあ。優しく微笑んで大切そうに歌ってた。

  • 愛を叫べ

これはいいひろみゅ。ひろきとおててつないでうぇーい!って出てくるみゅうとくんかわいいかよ~!そのあとも上手下手にわかれたのにひろきと顔見合わせてうきゃー!って笑ってるみゅうとくんかわいいかよ~!

  • キミアトラクション

きみがなんばーわん!!!みゅうとくんがなんばーわん!!!!!




はい!おわりです!笑。
まあなんていうか、局地的にすごく記憶が濃いところと何も覚えてないところが多いな…。正直「一度しか見ない」に多分わたしは慣れてない。ぜいたく。
みゅうとくんかっ…!!(かっこいいかわいい大天才の略)以外のみゅうとくんの感想としては、MCのとこでも書いたけど俯瞰してるなあ、ってことかな。当事者として全力で楽しんで、踊って、笑って、すべてを出し尽くしてるのに、ステージと自分を遠くから見る目もどこかにずっと持ってる感じがした。調整役、裏のかじ取り役っていうのかな。謎の安心感、安定感があった。ちょっと前のみゅうとじゃ考えられないよね笑。これが誰かが雑誌で言ってた「場数を踏んだ」ことによる余裕なのかなあ。ステージに立つ人として、どんどん磨かれていく。かっこいいなー!結局かっこいいなー!にたどりついてしまう。あとは貪欲にセンターを求めなくなったみゅうとくん、に出会ったのかもしれないって感じている。それは外に居場所があるがゆえ、なのかもなーと。思ったり思わなかったり。まあこの辺のスパデリな話は、また別の機会に。


わたしのとらじゃクリエはこれが最初で最後です。ちょっと迷う気持ちもあったけど、見れてよかったな、ってちゃんと思えたから、うん、よかった。さあ、ふたつめの初日ももうすぐそこ。楽しみだ!とにかく、楽しみだ。たくさん楽しくってたくさん笑うみゅうとくんを、たくさん見られるといいなー、それは彼がどこにいたっていつも思うことです。